部活動報告

第44回宮崎県高等学校総合文化祭写真部門

第44回宮崎県高等学校総合文化祭写真部門が延岡市のカルチャープラザ延岡を会場に開催されました。審査の結果、中村心音さんの『帰路』と瀬戸山達朗さんの『雫に咲く』が銀賞、上松栞菜さんの『睥睨』が銅賞に選ばれました。銀賞を受賞した2人は今年12月に佐賀県で開催される第6回全九州高等学校総合文化祭に推薦され

新体操部 1年生大会

宮崎大宮高校新体操部は9月25日に宮崎県体育館で行われた、「令和4年度 宮崎県高等学校一年生体育大会 第46回体操競技大会」に参加しました。本校からは5名の選手が個人戦に、4名の選手が団体戦に出場しました。昨年まで部員1名で活動してきましたので、3年ぶりの一年生大会出場となります。本

弦月祭の部公演に出演

9月7日の弦月祭初日、部公演に出演し、メディキットホールのアイザックスターンホールで演奏させていただきました。今回は「k―popメドレー」や「いつも何度でも」などみんなが知っていて楽しめる曲を選択し、楽屋では何度も何度も音を確認して本番に臨みました。部員達は緊張で指が震えたと話していましたが、曲を紹

歌留多の魅力を体験!

9月8日に校内にて行われた弦月祭の部展示において、歌留多部では部員が生徒の挑戦を受けるというミニ対戦を行いました。難易度別に松竹梅の3つのコースから選択してもらい、部員と戦います。授業でも百人一首に触れているため挑戦した生徒の中には名人も。さらに今年は先生方に挑戦状も渡したこともあり、たくさんの先生

弦月祭における茶道部のお茶体験会

3年ぶりに茶道部によるお茶会を実施することができました。自服を基本とし、人数を制限して、体験会という形で行いました。3年生にとっては、高校入学後、お点前を披露する機会もなく、今年7月に実施予定だった夏の茶会も急遽コロナ感染症の関係で中止になったため、弦月祭のお茶会は非常に思い出深いものとなりました。

令和4年度弦月祭~「絢爛~未来を照らす標となれ」

9/7(水)にメディキット県民文化センターで、1日目が実施されました。開会行事や校長・実行委員長の挨拶や「放送部のアナウンス発表」の後、三つの会場に分かれて「音楽部」「箏曲部」「書道部」「ダンス部」「演劇部」の公演を自由に観覧しました。その後アイザックスターンホールに再集合し、「吹奏楽部」のエンター

2022世界カヌー選手権ジュニアスプリント

8月31日からハンガリーで開催された世界カヌー選手権ジュニアスプリントに日本代表として本校ペア(溝口康介・日高志哉)が出場しました。世界の壁は厚く、残念ながら予選敗退となりました。しかし、同じ志を持つ世界の若者と直接、競技できたことは大変良い経験となったようです。この経験をこれからの

令和4年度 宮崎大宮高校体育大会

台風11号が接近している雨模様の中で、9/3(土)に体育館で1年→3年→2年の順で「クラス対抗リレー→団技」の順に学年ごとに競技を実施し、残りの学年は教室でオンライン配信で応援を行いました。青団を率いる藤木嵩大団長(3B)、赤団を率いる金谷健世団長(3E)、黄団を率いる山下陽生団長(3F)は、3年間

TOP