野球

本校野球部の歴史と復刻ユニフォーム

本校は1889(明治22)年に宮崎中学校として開校し、1896(明治29)年には野球部が創設されました。旧制中学校時代には宮崎県のどの学校も全国大会(1915~)出場はなく、戦後は県大会の決勝では、1946・47・48・49・52・53・54・66・67と9回も優勝をしましたが、県で優勝しても大分・宮崎・鹿児島・沖縄などとの上位大会を勝ち上がらないと甲子園には出場出来ず、一県一校出場となったのは1975(昭和50)年からでした。東九州大会を制した 高鍋高校が1954(昭和29)年に宮崎県勢として初めて甲子園の土を踏み、それに続いて宮崎大宮高校が1957(昭和32)年に遂に甲子園初出場を決めました。県大会では0-1で宮崎大淀(現:宮崎工)に惜敗しましたが、東九州大会1回戦で10-0那覇商業(沖縄)、準決勝で6-2大分商業(大分)、決勝で5-4高鍋と勝ち続け東九州大会を制しました。「第39回全国高校野球選手権大会」では1回戦で北陸代表の三国(福井)に14-1で快勝し、宮崎県勢初の勝利を挙げ、2回戦は大宮(埼玉)に6-7で惜敗しました。10年後の1967(昭和42)年には県大会を3-0で日南工業を破って優勝し、南九州大会決勝で3-0興南(沖縄)に勝利し、二度目の甲子園出場を果たし、「第49回全国高校野球選手権大会」では1回戦で0-4市和歌山商業に敗北しました。このように戦後の宮崎県高校野球を牽引してきた本校野球部も最後の甲子園出場から55年も経過し、2022(令和4)年に甲子園出場時のユニフォーム復刻に向けて野球部OBの方々が尽力して頂き、6月17日(金)に本校にてユニフォーム贈呈式が行われました。2・3年生部員全員に真新しいユニフォームが手渡され、新しいユニフォームは、本校が甲子園に初出場した際のユニフォームを再現したデザインになっています。このユニフォームを着て、この夏は宮崎大宮旋風を巻き起こします。
※写真の一部は、同窓会館資料室より。

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP