出席停止の手続き

医療機関において、『感染症(かかっている疑いがあり、又はかかるおそれのあるものも含む。)』と診断された場合は、『学校保健安全法第19条』の規定により、出席停止扱いとなります。 診断後は早急に、担任または保健室に電話にて『診断された病名』をお知らせください。その際、必ず、出席停止期間を確認されるようお願いいたします。
登校の際には※『出席停止報告書』に調剤説明書または診療明細書等のコピーを添付して、担任または保健室に提出してください。有料の診断書提出は不要です。
なお、登校許可後1週間以内に書類が提出されない場合には欠席扱いとなりますのでご注意下さい。

『コロナ感染対策関連』の欠席手続き

コロナ感染症に関して、以下の場合には届け出をすることにより、出席停止といたします。
(1)家族が陽性になり、生徒本人が濃厚接触者になった。
(2)家族が濃厚接触者になり、生徒本人が接触者になった。
(3)生徒本人がコロナワクチン接種を受けた。また続いて副反応により欠席した。

(1)~(3)の場合には、インフルエンザ等の『出席停止報告書』(A4)ではなく、『欠席状況報告書』(A5)を登校して1週間以内に提出してください。
なお、(3)の場合には『2回の接種予定日』が記載されているプリントのコピーも提出してください。
手続きに不明な点や確認したい点がございましたら、ご遠慮なく、担任または保健室までご連絡ください。

TOP